ルイヴィトンの買取で抑えておきたい事

この記事からは、リサイクルショップで高く売れる各ブランドについて考察して行きたいと思います。

まず今回はルイヴィトンなのですが、日本人でなくてもヴィトンのバッグや財布を所持している人は他のブランドに比べても圧倒的に多いです。

旅行できている中国系の人たちもヴィトのモノグラムのバッグを持っている姿をそこらじゅうで見かけますよね。

 

国内で見かけるアジア系の旅行者は日本に来てヴィトンの中古品を買っている人が多い様です。

中国の好景気に煽られ、隣であるこの日本は円安が続いています。

 

しかも日本は一度過去にバブル期があったことを海外のひったちも知っているので、日本の中古市場にブランド品が溢れている事も良く知っていますので、日本に来て家電品を山のように買う”ついで”にブランド品も山の様に買い込んで帰国して行きます。

 

それ程までにルイヴィトンの需要の上がっている状態を、各ブランド品の買取店は目を付けない訳がありません。

そのブランド品の買取り店も、通常時以上にヴィトンの買取価格を上げて仕入れを強化して対応しています。

 

ルイヴィトンの中でも人気の高く買取って貰えるバッグを紹介しておきます。

ルイヴィトン モノグラム リポーター

 

90年代後半頃に流行ったメンズのショルダーバッグのリポーター。

女性でも使えるコロンとしてフォルムが特徴的で、時代を感じさせないデザインなので、古い物でも高く買取りが可能なバッグ。

 

ルイヴィトン モノグラム アマゾン

 

こちらもリポーターと同じころに流行ったシュルダーバッグのアマゾン。

リポーターよりも小ぶりのバッグだが、マチは広めに設けているので収納力はそこそこあり、男性の財布や携帯くらいは余裕で収納出来る。

内部にベタ付きが出ていない事が前提だが、こちらも割と高値で買い取って貰えるバッグの一つ。

 

上記の様に、今はルイヴィトンのショルダーバッグの人気が高くなっているので、以前に購入したショルダーバッグをお持ちであれば一度、ブランド品の買取り店に持ち込んでみては如何でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です