リサイクル店のブランド品の買取を利用する

先の記事でも書きましたが、ブランド品に特化したリサイクルショップについて、その傾向と対策を説明して行きたいと思います。

ブランド品と言われ一番に頭に浮かぶブランドといえば何が思いつきますか?

 

私はやはりルイヴィトンでしょうか、他にグッチやプラダ、シャネルといったブランドが出てきます。

バブルの頃の印象が色濃く残っているので、その当時に流行ったブランドがやはり一番残っています。

エルメスも有名ですが、あの当時でも中々手に入れる事は出来ない位の高級品でしたね。

スカーフや布地のバッグなんかは持っていますが、革物のバッグとなればかなり高額な金額でしたから・・・

 

ブランド品の専門の買取店の傾向というか、皆さんも同じイメージをお持ちだと思いますけど、陳列棚にびっしりヴィトンやシャネルのバッグが並んでいる様子を想像しませんか?

実はその想像通りで、一番流通している物ってヴィトンとかシャネルなんです。

しかも年代の古い物でも、今でも売れているのだとか。

勿論当時の値段よりも安く売っているので、手に入れやすい金額だと思いますけど、何十年も前の物が今でも数万円になれば御の字ですよね。

家電品で20年前のTVとかをリサイクルショップに持って行っても、想像通りで幾らにもなりませんからね。

しかも流通量の多いヴィトンやシャネルは人気も高い様で、今でもしっかりとした金額で買取ってもらえる様です。

今は為替の加減もあって、海外の旅行客が年代物のヴィトンやシャネルを買って行くみたいですから、ここでバブルの頃に頑張って購入したけど、今では出番の無くなったバッグの出番です。

需要のある内なら通常時よりも値段が高めで買取って貰えますからね。

次の記事では、より具体的にルイヴィトンに絞った考察をしてみたいと思います。